2020年 12月 1日 (火)

明石市長また暴言騒動!新年会で市議とケンカして「辞めてまえ!」アンガーマネジメントの効果なし

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   昨年(2019年)、暴言騒動をきっかけに辞職し、その後再選された兵庫県明石市の泉房穂市長が、再び暴言を吐いたとして、きのう15日(2020年1月)に会見して謝罪した。泉市長は暴言騒動後に「アンガーマネジメント」と呼ばれる怒りをコントロールする講習を受けていたが、効果はなかったようだ。

   2001年の花火大会で、将棋倒しになった市民ら11人が死亡した事故以来、明石市は花火大会を中止しているが、泉市長は地域の新年会で石井宏法・明石市議から再開を迫られ、「軽々に再開するといえるテーマではないとカチンときて、先走って口がポーンと『(議員を)辞めてまえ』と言った認識がある。やばいと思ったので、本人に『ごめん』『撤回する』と謝罪した」と泉市長は話している。

反省の弁「カチンときたときはトイレに行くようにしてたんだが」

tv_20200116120019.jpg

   会見で泉市長は、「(昨年の暴言騒動後)アンガーマネジメントを受講したり、本を読んだりし続けています」と明らかにした。アンガーマネジメントは「怒りの感情と上手に付き合うための心理トレーニング」で、怒りを感じた時の対処法として「6秒数える」「心の中で心が落ち着く言葉を唱える」「その場を離れてクールダウンする」「口角を上げる」「手のツボを押す」などの行動を推奨している。

   泉市長は「私自身は、イラっときたらトイレに行くということを心がけてやってきました。(石井市議に対して)カチンと来た時に『次の会場に行く』と言ってしまえばよかった」と反省していた。

   司会の加藤浩次「『辞めてまえ』というようなことが暴言だという意識が薄いんでしょうね。『辞めてまえ』が暴言なのかどうかは、微妙なところだと思いますが」

   坂口孝則(経営コンサルタント)「アンガーマネジメントとともに、言い方も勉強しないといけませんね」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中