2020年 11月 24日 (火)

東京MXテレビ、優勝すれば2000万円スーパーカーはウソだった?「参加費150万円取っておいて」と出演者が怒り

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

東京MXは過去にも制作丸投げでヘイト番組を放送

   東京MXテレビは「現段階で当社が向き合っていた制作会社にはヒアリングを行いました。企画をした会社に連絡を取るように努めていますが、連絡の取れない状況です」とコメントしている。

   弁護士の菅野朋子氏は「初めから優勝賞品を渡すつもりがなかったのであれば、番組企画会社と制作会社は詐欺罪に問われます。東京MXテレビには刑事責任はないが、公共の電波を使っている以上、きちっとした番組を放送する義務はあるので、損害賠償責任を負う可能性はあります」と話す。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「視聴者はどの会社が作っているかではなく、その局で放送している番組だから観ている。当然責任は局側にある。丸投げするだけなら電波を卸すだけの仲買人でしかなく、テレビ局とは言えない」

   青木理(ジャーナリスト)「1年もたっているのに『まだ調査中です』って、MXテレビは何してんの? ついこの間、化粧品会社に制作を丸投げした番組が『沖縄ヘイト』だと問題になったばかりなのに」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中