2020年 11月 29日 (日)

<恋はつづくよどこまでも>(TBS系)
ギラギラ権力抗争も鮮血ドバッの手術シーンも一切なし!笑って楽しむ看護婦と医者のお気楽病院ラブコメ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    上白石萌音演じるヒロインの佐倉七瀬は、偶然会った優しい医師・天童浬(佐藤健)に一目ぼれし、一緒に働きたい一心で看護師になった。勤務初日、5年ぶりに再会した天童に、これまでの想いを告白したが、素顔の天道はまったくの別人で、病院では「魔王」と呼ばれる傲慢男だった。

   七瀬が天童に告白したことは病院内にすぐ広まり、彼女は「魔王」に挑んだ「勇者」、「勇者ちゃん」と呼ばれるようになるというのが、これまでのストーリーだ。

お約束の「勘違い」「すれ違い」「早合点」テンコ盛り

   もう漫画。そりゃ原作が漫画なんだから当たり前と思うかもしれないが、同じ漫画原作でも、たとえば「テセウスの船」(TBS系日曜よる9時)などは、重厚感を出してきているが、こちらはその逆で、漫画をそのまま演じている。

   だから悪いというのではない。邦画が少女漫画モノで若い女性を映画館に呼び込み、息を吹き返したように、テレビがそうならないとも限らない。病院は病院でも、本格的な手術シーンは一切出てこない病院ラブコメがあってもいいじゃないか、という感じ。

   天童の部屋と七瀬の部屋が偶然お隣同士だったり、天童の部屋から出てきた謎の美女(香里奈)を恋人かと勘違いしたら、姉だったりと、ストーリーの展開もあるある過ぎてわかりやすいのもいい。

   仲良くなった患者さんの死に、自分は看護師に向いていないと落ち込む七瀬を抱き寄せる天童の優しい面も見られ、胸キュンポイントも多数。恋愛だけでなく、七瀬の成長物語にもなっていて、そこも見どころの1つなのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中