2020年 12月 1日 (火)

暗い画面に聞き取りにくいセリフ。独りよがりの演出がマイナス。シシド・カフカの初主演探偵ドラマ
<ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵 第1回>(NHK総合)

   薄暗く凝った撮り方の探偵物語だというので、期待してみたが、演出が独りよがりでイマイチのめり込めない。気取りすぎだ。葉村晶(シシド・カフカ)はミステリー専門の古書店の2階に住む転職だらけのついてない女探偵である。店主の富山(中村梅雀)にはタダで住まわせる代わりに彼女をこき使おうという下心がある。

   朝ドラで長い髪の美人を演じて印象深かったシシド・カフカの初主演作だが、髪をバッサリ短くしたので男みたいに見える。ある日、男運の悪い姉の珠洲(すず・MEGUMI)が突然やってきて、海外旅行に行けと迫る。珠洲は殺人事件に巻き込まれていて、事もあろうに晶を被害者に仕立てる陰謀に加担していた。晶はネットニュースで被害者として顔写真まで出たので、刑事が捜査にやってくる。

   殺人事件の本当の被害者は資産家の嫁で・・・。いろいろあって、第1回の最後には、晶の目の前で姉の珠洲が自殺してしまうのだ。思わせぶりの出だしで、警視庁のエリート警視、岡田正太郎(間宮祥太朗)が晶に接近してきたり、複雑な背景がありそうである。

   人気原作の映像化らしいが、全体に画面は暗いし集音が悪いし、見ていてイライラする。探偵ものは映像や音声がはっきり伝わってきて初めて没入できるわけで、作り手は脚本がわかっているので気取っていられるが、アップ多用のシシドの撮り方も気に入らない。梅雀や店に屯する連中にも今のところあまり魅力は感じられない。(放送2020年1月24日22時~)

    (黄蘭)

採点:0.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中