2020年 11月 28日 (土)

食費をムリなく減らしたい! スーパー主婦が勧める節約術は「在庫一掃で使い切る」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   きょう27日(2019年1月)のあさイチは「お金がたまる!食費革命」がテーマだ。食費を減らす調理のアイデアを、「スーパー主婦」の足立洋子さんが伝授した。

   足立さん「お金をためるということは『使い切る』。何かを節約してどうのこうのというのではなくて、せっかく買ったものを最後まで使い切ります」

いろんな余り物をまぜて使う「なんでも手巻き寿司」

   足立さんが勧める方法は、冷蔵庫や野菜室、冷凍庫の中に箱を置き、使う予定が決まっていない食材をまとめて入れる。箱がいっぱいになったらその日を「在庫一掃デー」とし、たまった食材を使い切って食費を浮かすというものだ。

   今回足立さんが作ったのは「なんでも手巻き寿司」。いろんな余り物が少しずつあるからこそ作りやすいという。

   加熱せずに食べられるものは、巻きやすい大きさに揃えて細長く切るだけ。そのまま食べられないものは火を通して味を付ける。例えば余りがちな餃子の皮は、細長く切ったチーズに巻いて焼けば、手巻き寿司の具に大変身する。

   余った肉は、これまた余りがちな焼肉のタレで炒めるとよい。いろんな種類を買って中途半端になってしまったタレはひとつにまとめてしまう。

   足立さん「焼肉のタレというのはおいしくできているから、混ぜるとさらに複雑な味になってとってもおいしくなります。(空いた瓶が)だんだん使い切った達成感になってくるの」

   手巻き寿司の具材にならなさそうなものはスープにしてしまえば、すべておいしくいただける。

   博多大吉キャスター「焼肉のタレは混ぜていいんですね。マジで目からうろこ」

   田村直之アナ「捨てていたかもしれない食材で一食分の食費が浮くので、非常に節約になるということです。あとはかき揚げにしたり、丼にしたりという方法もあるそうです」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中