2020年 11月 28日 (土)

昔のクイズ番組の小学生への賞品は図書券だった。「現金100万円」という配慮のなさはフジテレビらしい
〈超逆境クイズバトル!! 99人の壁 東大生99人をぶっ壊せ!VS小学生&俳優軍〉(フジテレビ系)

   1人VS99人のクイズバトル。自分の得意なジャンルで、99人を相手に全問正解すれば賞金100万円をゲットできるというもの。

   この日は、東大生99人に小学生たちが立ち向かうリベンジ企画。昨年(2019年)、同企画が行われた時は東大生の壁に玉砕した小学生たちが、再び挑む。私を含めた視聴者のほとんどが「小学生頑張れ!」と手に汗握りながら、見ていたのではないだろうか。

   小学生たちの挑戦ジャンルは「日本の駅」「お花」「擬態動物」「ちびまる子ちゃん」「都道府県」「日本の野菜」とユニーク。自分の得意なジャンルで戦えるのは有利だが、答えがわかっていても、解答ボタンを押して解答権を得なければ答えられないのだ。

   たとえば「ちびまる子ちゃん」を得意ジャンルにとして登場した女の子。頑張っていたのにまさかの東大男子学生に阻まれ、大苦戦。最後の「ちびまる子ちゃん第1巻の表紙の右上に描かれている赤い文字は?」の質問にタッチの差でやられた。

   その東大生軍団も最年少で野菜ソムリエの資格を持つ男の子の知識には歯が立たず、彼は見事、賞金100万円を手にした。本人も観覧席の両親も大喜びだったが、気になったのはその賞金だ。

   昔のクイズ番組は「小学生大会」は現金ではなく図書券など賞品と相場は決まっていたが、この番組では普通に小学生に現金100万円を渡していた。その配慮のなさがフジテレビらしい!?(放送2020年1月25日19時~)

(白蘭)

採点:0.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中