2020年 2月 25日 (火)

ネットの個人情報見破る「鬼女」たち!木下優樹菜の不倫暗号メールも解読

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   去年(2019年)の大晦日に離婚したタレント・木下優樹菜のインスタグラムの投稿を「縦読み」(投稿文の文頭の文字だけを上から下に読んでいくこと)すると、「たかし あいしてる ずーーっと」と読めることが、不倫発覚のきっかけだった。これを発見したのは、「鬼女」と呼ばれる人たちで、ネット上の情報から、写真が撮られた場所や個人情報を特定し、「日本のCIA」とも呼ばれる調査能力を持つ。

   「たかし あいしてる」の解読から、「たかしは誰?」という大捜索が始まり、過去にテレビ番組で木下のファンであると公言していたスポーツ選手の名が挙がると、「有名スポーツ選手のインスタでも"ゆきなだいすき"と読めるコメントがある」「選手のインスタ投稿に写っていた帽子・タオル・ブランケットと似たものが木下のインスタにも写っていた」など、次々と傍証が発見されていく。

「お金のかからないヒマつぶしよ。嫌われている人を追い詰める」

tv_20200131125258.jpg

   ネットニュース編集者の中川淳一郎氏によると、「鬼女は、ネット上の疑惑、スキャンダルの点と点をつなぐ人で、もともとは匿名掲示板の中の既婚女性が集まる掲示板に投稿していた人たちです。既婚女性→既女→鬼女と転じていったんです」

   鬼女の調査は、芸能人のスキャンダル以外もある。五輪エンブレムの盗作問題でも、過去の作品を調べるなど鬼女も関与していた。最近まで鬼女として活動していた女性は、女性アイドルとJリーガーの熱愛を特定したことがあるという。「ゲーム感覚です。パズルが完成するとテンションが上がるような感覚。お金のかからないヒマつぶしです。世の中が騒ぐと、自分が求められているというカタルシスもありました。ターゲットになりやすいのは、潜在的に嫌われていた人で、やっと叩けるから追い込め!みたいな感じで特定していきます」

情報正しくても名誉棄損

   調査方法は、投稿された写真に写っている細かな情報から少しずつ解き明かしていき、周辺の鬼女の協力も得て情報を出し合い、撮影された場所を特定する。SNSのコメントから過去の情報を調べるなどの手順だという。

   社会起業家の山崎大祐は「鬼女の情報収集力と分析力はいろいろなことに活かせる。課題を与えてあげるのはいいと思う」

   鬼女の矛先は一般人にまで及んでいる。大学生がホームレスに生卵を投げつけ、その動画をネット上に公開して炎上したときは、鬼女たちが大学生を特定し、大学名、内定先企業も調べ上げ電話で通報した。内定は取り消しになった。

   昨年(2019年)、あおり運転の映像から無関係の女性を「ガラケー女」とデマを拡散させたのも鬼女で、その情報をさらに拡散させた市議会議員が訴えられた。レイ法律事務所の高橋知典弁護士は「仮に情報が正しかったとしても、公益性がないと名誉棄損になります」

   キャスターの立川志らくは「こういうのは文春に任せておけばいい」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中