2020年 11月 28日 (土)

「新型肺炎」のんきな安倍内閣――指定感染症前倒してもすでに国内で拡散!専門家は「もう止められません」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   安倍内閣は28日(2020年1月)に、新型コロナウイルスによる肺炎を感染症法に基づく「指定感染症」に指定した。これで強制力を持って検査、隔離ができようになるのだが、10日間の手続き期間が必要で、2月7日からだという。国会でも問題になって、さすがに「繰り上げで」となるらしいが、すでに日本国内でヒト・ヒト感染が起きているのに、鈍感としかいいようがない。

   白鴎大の岡田晴恵教授は「新型感染症に指定すれば強制はできます。SARS並みに厳しく対応しても、国民から文句は出ないでしょう」と断言した。アメリカはチャーターした貨物機に特別の座席を設け、武漢からカリフォルニアの米軍基地に直行して、全員を隔離した。オーストラリアはもっと極端で、インド洋の孤島に隔離した。

   岡田教授「アメリカ人に聞いてみたら、こういう措置はあらかじめ決まっていて、事前の準備があるのだということです。こういうことは、やりすぎても足りなくても文句を言われますが、やりすぎの方が絶対にいい」

地方空港では中国から帰国して熱があっても検査せず

tv_20200131144333.jpg

   司会の羽鳥慎一がこんな例があったと報告した。広州の日本人が、会社から帰国命令を受けて福岡についた。風邪の症状と下痢があったので、中国からだと申告したが、空港の診療所で普通に待って診療を受け、ウイルス検査もしなかったという。「こんなことでいいのでしょうか」と羽鳥は言う。

   実は診断の基準があって、発熱、咳などの他に「武漢滞在」「武漢の人と接触」という要件がないと、検査はしないのだという。春節の期間中に中国各地から日本へ、1600便が旅行者を運んできた。この基準に照らせば、「武漢」以外はフリーパス。「武漢」でも発熱がなければOKということだ。

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「飛行機止めろといってるのに」。ウクライナ、エジプト、フランス、カナダは中国への乗り入れをストップしている。

   岡田教授「もう拡散しちゃっているから、止められません。ウイルスは低温と乾燥が好きだから気をつけて」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中