2020年 7月 10日 (金)

<ジョジョ・ラビット>
ヒトラーに心酔する少年が知ったある秘密・・・家の屋根裏にユダヤ人の少女が匿われている!密告したいが心惹かれしまった

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertaiment Finance LLC
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertaiment Finance LLC

   目の前の世界がある日突然くるりと変わる、なんてことはない。世界が逆転する瞬間は、ひたひたと四隅を埋め、水位を上げ、ある瞬間にコップからあふれ出る。その瞬間が劇的であればあるほど、世界は突然入れ替わるように見えるだけだ。

   ときは第二次世界大戦下、配色濃厚なナチスドイツ。でも、10歳のジョジョにはそんなことはわからない。アーリア人であることに誇りを持ち、ヒトラーに盲目的に憧れる、ごくごく標準的な愛国少年だ。

   心優しいジョジョは、青少年団「ヒトラーユーゲント」の中では、けして出来の良い子どもじゃない。上官が殺せと言ったウサギを殺せずに逃がそうとしたことから、ついたあだ名は臆病者だ。空想上の友達、アドルフと「お前は弱虫じゃない!」「そうかな?」「そうに決まっている!」と自問しては気持ちを奮い立たせる。

突然ひっくり返った目の前の世界

   ジョジョは訓練中に重傷を負い、青少年団に参加できなくなった。友達は制服に身を包み、青年兵士として戦っているのに、自分は脚の悪いかわいそうな子供として奉仕活動にしか割り当てられない。塞ぎ込む毎日の中、衝撃の真実を知る。

   大好きなママが、母1人子1人の大事なわが家にユダヤ人の少女を匿っている。少女を密告しようにも、自分もママもユダヤ人の協力者として殺される。しかも、少女はジョジョよりずっと腕っぷしが強い。

   八方塞がりの状況で、ジョジョは少女からユダヤ人の特徴を聞き出し、ナチドイツに貢献しようと思い立つ。しかし、下等で下劣で凶悪で残忍なユダヤ人なんて、殺されて当然と思っていたのに、気が強く、でも儚いとらわれの少女エルサに惹かれていく。

   朗らかで真っ直ぐな母、青少年団の指導を務める傷痍軍人、天涯孤独で屋根裏に閉じこもるエルサ。カチカチに塗り固められた常識に浮かんでは消える疑問と、突然訪れた別れ。戦争によって、大人にならないといけなかった子供たちのやるせなさ、その中でも自分を取り戻した輝きとがチカチカ瞬く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中