2020年 2月 22日 (土)

<1年前のワイドショー>あしたの節分「恵方巻」また食品ロス?予約販売でも減らない大量廃棄の不思議

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   今年(2020年)はあす2月3日が節分で、コンビニやスーパーには恵方巻が大量に並んでいるが、毎年問題になるのが売れ残りの廃棄や店員への押しつけ販売である。去年あたりから予約販売にしているところが多いが、それがまた新たな無駄を生んでいるという。

   ワイドショーも<なんと節分当日の午前中から大量に廃棄される恵方巻 こんな習慣やめればいい!>(テレビ朝日系「モーニングショー」)と取り上げた。

「売り切れ」より「売れ残り」の方がいい店長たち

   予約販売といっても、注文を受けてからすべて作るわけではないので、節分当日に店頭で品切れにならないように多めに製造する。それが余るのだ。売れ残りを在庫にしておくより早めに処分ということで、節分の午前中から廃棄が始まるという。

   売り切れごめんでいいと思うのだが、そうすると店長らは仕入れ見込みが甘かった「チャンスロス」として責任を問われるらしい。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中