2020年 2月 21日 (金)

冬ドラマ視聴率 まれにみるデッドヒート!「テセウス」「トップナイフ」など4本が横一線

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中盤に差し掛かってきた冬ドラマが、横一線で激しい視聴率争いを演じている。トップはTBS系「テセウスの船」(日曜よる9時)で11・0%だが、0・4%差の10・6%で、フジテレビ系「絶対零度」(月曜よる9時)、TBS系「恋はつづくよどこまでも」(火曜よる10時)、日本テレビ系「トップナイフ」(土曜よる10時)が並んでいるのだ。

「ケイジトケンジ」東出昌大の不倫報道で脱落

   ミステリー・警察ものと医者・医療ものが2本ずつというわけである。この4本が今のところ10%台で、最後までデッドヒートを演じそうだ。テレビ朝日系「ケイジトケンジ」(木曜よる9時)は12・0%と好スタートを切ったが、主演の東出昌大の不倫が報じられて急落、4話目は8・3%と低落に歯止めがかからない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中