2020年 4月 7日 (火)

「週刊ポスト」不倫夫の行く末3タイプ当たってる!「離婚」「許される」「一生土下座」・・・東出昌大も覚悟しといた方がいいぞ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

橋本五輪相・高橋参院議員から違法報酬のウグイス嬢 証拠付きつけれれても「老眼で見えない」

   2月1日、新型コロナウイルス騒ぎの中、武漢から政府のチャーター機で帰国した邦人を収容する施設、埼玉県和光市の国立保健医療科学院の敷地内で、警視庁の警部が自殺しているのが発見された。ノンキャリだが、警視庁から警察庁を経て内閣官房に出向し、内閣官房副長官補室に配属されたエリートだった。そこが今回のウイルスの担当になり、駆り出されたという。

   全国紙の社会部記者は、超エリートたちの中で、ノンキャリの彼が仕事をしたことと、政府の対応の遅れで、情報収集と分析、対応に追われ、精神のバランスを失ってしまったのかもしれないと推測している。今のところ新型コロナウイルスでの死者は出ていないようだが、自殺者が出てしまったのは残念なことである。

   週刊新潮は、橋本聖子五輪担当相と高橋はるみ参議院議員が、選挙中に雇ったウグイス嬢に、公職選挙法で定められている金額以上を支払ったという「疑惑」の第2弾を掲載している。

   週刊新潮は件のウグイス嬢を直撃して、高橋はるみが払った2019年7月20付けの18万8500円の領収書と、やはり高橋が代表の「北海道を愛するみんなの会」宛の同じ日付の1万8000円の領収書、両方の写しを彼女に見せて、あなたが署名したものかを聞こうとするが、「老眼だから」といって見ようとしない。

   両議員の事務所も、過剰報酬は払っていないとしているが、同様のケースで捜査が進んでいる河井案里議員のケースもあり、内部から告発者でも出れば、この2人にも司直の手が伸びることは十分あり得る。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中