2020年 11月 28日 (土)

新たな段階に入った「新型肺炎」 重症化、空気中のウイルス増加、検査くぐり抜け・・・

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、厚生労働省は12日(2020年2月)、新たに39人の感染が疑われたと発表した。検疫官1人も含まれている。これで船内の感染者は174人となった。重症者が4人いて、搬送先で人工呼吸器をつけて集中治療室にいるという。

   有隣病院の工藤宏一郎院長は「今までの日本での感染者は比較的軽かったのですが、ここにきて重症者が出ているということは、感染が新しい段階に入っていると言えます」と話す。防護服を着用している検疫官も感染したのは、「感染力が強くなったというより、空気中のウイルスの量が増えているのだと思います」と述べた。

   また、チャーター便で帰国し、陰性反応だった男性が自宅待機中に発症した件については、「水際作戦は限界。検査をくぐり抜けてしまうので、新たな検査法の開発が必要です。病気の重症化を抑えるような医療を展開する。そういう医療体制を構築する方向に舵を切らないといけない段階に入りました」と警告した。

キッチンペーパーでマスク代用

tv_20200212132543.jpg

   巷では「マスクパニック」が起きている。ある病院では、面会者用マスクが大量に持ち去られ、医師、看護師、受付職員以外は備品マスクの使用が禁止になってしまった。各地の自治体は支援物資として中国にマスクを送っているが、市民からは「地元の病院に配るべきだ」という声も上がっているという。

   マスクはウイルスの感染防止としては限界があるようだが、飛沫感染を防ぐには必要だ。どうしてもマスクが手に入らないなら、キッチンペーパーで代用もできる。ペーパーを蛇腹に折り、両端に耳にかけるための輪ゴムをつけてホチキスを留めてから、開いて使う。

   キャスターの立川志らく「オリンピックが間もなく開催なのに、選手が日本に行きたくないと言い出す場合もあります。いつごろ終息するのでしょう」

   工藤院長「今のところ、終息のメドは付きませんが、朗報としては、中国の感染数が2月7日ごろを境に減り始めています」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中