2020年 12月 1日 (火)

野村克也が語り尽くした最後のメッセージ「自分を貫けたのは劣等感があったから。努力は天才に勝る」

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

悩み続けた「良い親父になれない」

   こんな野村さんでも最後まで悩んでいたのが、父親としてどうあるべきかだった。「良い親父になれずにきょうまできた」「どういう存在でいるべきかが想像できないんだ」

   息子で捕手だった克則さんを自分が監督をしていた球団(ヤクルト)で指導したが、目立った成績は残せなかった。野村監督が「ひいきしている」と批判されることもあった。克則さん本人も「ふたことめには野村の息子といわれ、つらかった。なんで普通に見てくれないのかと思ったことはある」と振り返る。

    その克則さんは今年、楽天の一軍コーチになって、「違った気持ちが芽生えた。人の痛みを知り、選手のために何ができるか考え続けろという父の言葉が支えで、背中の教えじゃないけど、存在感とはそういうことか」と思い始めたそうだ。

   武田真一キャスター「野村さんは愛にあふれた夫であり、父親であり、指導者だったんだと感じます」

   「こう生き抜くんだと教えていただいた」(元ヤクルト・古田敦也さん)、「野球界でみんながなんとなく知っていたことを整理してくれました」(栗山英樹・日本ハム監督)、「ノムさんの偉大な功績と野球への夢は生き続けるはずです」(長嶋茂雄氏)と、人と教えを残した人生だった。

   ※NHKクローズアップ現代+(2020年2月12日放送「密着半年 野村克也さん 最期のメッセージ」)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中