2020年 11月 25日 (水)

花粉が狂暴化!大気汚染物質と反応してマスク通過――いよいよ今週後半から本格飛散

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   今週後半は気温が上がりそうで、花粉の「本格飛散がいよいよ始まる」と、気象予報士の松並健治が警告する。東京都内の花粉症感染率は1980年代の10%から2017年には48・8%と「2人に1人」までに増えた。

   キャスターの水卜麻美アナ「つらい季節ですね。花粉が狂暴化しています」

静電気起きやすい服は避けて

tv_20200218130540.jpg
 

   埼玉大学の王青躍教授は「これには大気汚染が影響しています」と指摘する。大気汚染物質がつくと花粉は破裂して、アレルギ―の原因物質がより小さな粒となってばらまかれ、普通のマスクでは通り抜けやすいという。「0・06マイクロメートルぐらいのアレルゲン物質は、2・5マイクロメートルのPM2・5に対応するマスクでも防げません。化学反応も変質して、従来より強まります」。これが花粉狂暴化だ。

 

   高橋真麻(フリーアナウンサー)「マスクも進化していますが、花粉も狂暴化するのですね」

 

   王教授の研究では、静電気の起きやすい服や化粧品を避ける、この時季は屋外の激しい運動をしないといった対策が考えられる。

 

   ロバート・キャンベル(日本文学研究者)「大気汚染は日本だけでは防げませんねえ」

 

   王教授は「まず適切なマスクや化粧品、肌対策」を勧めている。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中