2020年 8月 5日 (水)

「パワハラ体験会」防止法施行を前に各企業が開催――あまりの迫力に涙す社員

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   6月(2020年)に「パワハラ防止法」が施行されるためか、多くの企業でパワハラ被害者と加害者を体感する「パワハラ体験会」が行われている。対処法やパワハラの線引きなどを、実体験を通じて学ぶ。

   物を投げたり大声で叫んだりする「身体的攻撃パワハラ」、密室で執拗にミスを責め立て、「お前は幼稚園か」「専業主婦でもやったら」などと業務とは関係ないことを言って追い詰める「精神的攻撃パワハラ」が再現され、かなりの迫力に涙目になる体験者もいる。

   企画した「WITS」の喜多野正之・塾長さんは、「昭和の人はパワハラだと知らずにやっている場合もありますね。逆に、平成組は何をされてもパワハラだと感じてしまうようです」と話す。

知らない間にやっていた・・・ある日突然「警告書面」

tv_20200219121014.jpg

   産業カウンセラーの大野萌子さんは、法律施行後は先輩社員は注意が必要だと指摘する。「自分が加害者にならないように心掛けないといけません。認識不足だと、ある日突然、人事から呼び出されたり、弁護士から連絡がきたりする可能性もあります」。そうなれば、すべてを失うことになるかも知れない。

   実際に、そういう目にあった男性(50)がいる。面談で部下に人事評価を伝えたら、翌日から会社に来なくなってしまった。後日、外部の労働組合から「ハラスメントだ」と訴える一通の書面が届いた。声を荒げたわけではなかったが、確かに厳しい言葉を使ったと男性は認める。「書面が来て、初めて自分がパワハラをしたと知りました。自分が良いと思って指導していたら、ある日突然ハラスメントだと言われてしまったわけです。分からなくなってしまった」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中