2020年 10月 22日 (木)

2000人も亡くなっている騒動に不謹慎だが、コメンテーター医師のタレントのような長い髪に違和感がある
<新型コロナウイルス騒動をコメントする人々の報道>(各局)

   最もモテモテの先生は白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏(57)。最初の頃はモサーっとした地味な顔でボソボソ喋っていたが、2月17日の週から突然変身した。手持ちの衣装を毎日着替えていたのを、ある日前日のと同じ服で出演、するとその日の夜か翌日か、綺麗にメイクして新品衣装に代えた。誰かが指摘したのかご苦労さんだ。コメンテーターのギャラは1回5万円ほどだそうだから、出ずっぱりのこの人は既に50回近く出ているので、合計250万円の特需。

   2000人以上もの人が亡くなっている時に、衣装の話など不謹慎のそしりを免れないが、女性のコメンテーターはどうしても見栄えが気になる。美醜ではなく、なんで命に係わる伝染性の病についてコメントする人が、長い髪をだらりと垂らして、女らしさを強調するのか理解に苦しむ。キリリと髪は後ろで束ね給え。タレントじゃないだろう。それとも短髪にするか。発言は冷静でいいのだし。

   他方、男性の医師たちは全員が地味めで、雰囲気がよく似ている。大学の先生より、開業医の医師の方が話す内容に説得力がある。不思議でならないのは、D.P.号の乗客たちの扱い方について、素人のわれわれでも「何をモタモタしているのだ」と疑問に思える場面が多いこと。専門家たちが、なぜもっと意見を言わないのか不思議である。同業者や関係先の行政機関を、批判したら後が怖いということなのか。それとも同業者を庇うのが不文律になっているのか。(放送2020年1月から2月)

                  

(黄蘭)

採点:0
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中