2020年 11月 26日 (木)

中居正広が「SMAPの一員」として一番大事にしていたことは?
〈中居正広のニュースな会〉(テレビ朝日系)

   中居正広がついにジャニーズ退所を表明。21日(2020年2月)にテレビ朝日で会見を開いた。翌日放送のこの番組は「2時間にわたった会見の裏側を本人がスタジオで語ります」と告知し、1時間番組の大半を中居の会見で費やした。本人が会見の様子を見ながら、その時の心情なども含めて補足しながら、その想いを語るのは珍しいのでは......。

   番組ならではのハナシとしては、会見中に、元メンバーの森且行からメールの返信があったという新情報を提供。「会見中に返事が来たんです。『そういうことだったんだ。お疲れ様。記者会見出ようか』って、なんだコイツって」と笑いを誘った。

   番組のなかで面白かったのは、社会学者の古市憲寿が記者会見に入ろうと早めにスタジオに行ったが、中に入れてもらえなかったということ。結果、別室で2時間ずっと見ていたというが、「本当は質問したかったのに」と悔しがる古市。あらためていくつかの質問をぶつけていた。

   なかでも「辞める直前の森くんに『SMAPの一員だったことを誇りに思ってください』と言っていたが、中居さんご自身は?」と踏み込んだ質問はよかった。これには「もちろん。見栄、プライド、誇りと順番をつけるなら、誇りでしかない。ちゃんと胸を張って『SMAPの一員でした』と言えます」と中居。「プライド」と「誇り」がどう違うのかわからないが、中居のなかで「誇り」は一番上らしい。SMAPファンにとってはなによりの言葉だろう。古市、グッジョブ!(放送2020年2月22日12時~)

(白蘭)

採点:2
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中