2020年 8月 8日 (土)

新型ウィルスを家に持ち込まない手洗い・・・指を1本1本ねじるように30秒

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   新型コロナウイルスの感染予防は、人混みでは必ずマスクを付けるなどうつされないだけでなく、家族を守るためには、ウイルスを家に持ち込まないというのか肝要だ。小林孝司アナがウイルスに見立てた特殊な塗料を手に塗って、帰宅後すぐに手を洗わないと、どれだけウイルスをまき散らしてしまうかか実験した。

   帰宅30分後には、すでに家族役のスタッフの手にはウイルスに見立てた塗料がべったり。その間に小林アナは、いつも通りにテレビを見て、新聞を読んで、一緒に食事をしていた。ブラックライトを当てて調べてみると、テレビのリモコン、新聞、電子レンジや冷蔵庫の持ち手、ドアノブと、いたるところが汚染されていた。

最後に蛇口レバー触っちゃダメ

   とにかく帰宅したら真っ先に手洗いというわけだが、「洗い方によって、大きく効果が違ってきます」と小林アナがやって見せた。まず、普段通りに、石鹸を付けて10秒間。一応まんべんなくきれいになっているように見えたが、指の先、指の間、そして手の甲はほとんど洗えていなかった。

   小林アナ「まず、石鹸をしっかり泡立てます。そして、爪を立てて(手のひらににこすりつけるように)丁寧に洗ってください。さらに、指を1本1本ねじるように洗って、最低でも30秒です」

   なるほど、ライトを当てても洗い残しはほとんどなかった。ただ、最後にこれを忘れたら台無しである。洗う前に触れた蛇口レバーは、水を止めるときに再び直接触らないこと。ティッシュなどを使う。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中