2020年 8月 5日 (水)

「麒麟がくる」信長降臨!で一気に沸騰。「駒は忍者?」「川口帰蝶、切なすぎ!」とネット炎上

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(写真・NHKホームページより)は1日(2020年3月)に放送された第7回「帰蝶の願い」で、ついに織田信長(染谷将太)がラストに初登場、「信長降臨!」「信長来たー!」と一気に盛り上がった。視聴率も前回より1・2ポイントアップの15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に上昇した。

   一方、戦災孤児で明智光秀(長谷川博己)に密かに想いを寄せている駒(門脇麦)も謎めいた行動を見せ、「駒はくの一(忍者)?」という説も広がっている。ネット上の声を拾うと――。

「信長との出会いを海から始めるとは。海にこだわる物語?」

   第7回では、織田信秀(高橋克典)が、斎藤道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決め、その条件として嫡男・信長(染谷将太)の嫁に帰蝶(川口春奈)に迎え入れたいと言ってきた。光秀は、帰蝶から「うつけ」とうわさの信長が「どんな男か見てきてほしい」と頼まれ、尾張の熱田市場へ潜入する。

   たまたま再会した菊丸(岡村隆史)の案内で、毎日漁に出ているという信長をひと目見ようと浜辺で待ち構えていると、海の向こうから船に乗った信長が朝日をバックに現れるというストーリーだ。

   ネット上では信長登場のシーンに、「待ってました!」とこんな声が。

   「信長降臨!ついに染谷信長登場!出会いのシーンは、もうほんとドキドキしたあ!遂に、お互いの運命を握る相手との対面、来週楽しみだあ!」

   「いよいよ最大のパワハラ上司の登場だね。ここから良い人光秀の苦悩が始まるのね。今まではいささかスーパーヒーロー的な違和感ありましたが」

   「一言も発せずただ朝焼けの海に現れる。身なりがみすぼらしい誰とも判らぬ男。そのワンシーンで新しい時代が始まる。ただそれは決して幸せなものではなく、誰にとっても過酷を極める。そんな想像を巡らすには十分な10数秒、余韻が生まれるのもいいですね」

   「信長との出会いを海から始めるとは。信長が海外との取引を重要視していたのは知っていたが、漁にまで出ていたとは知らなかった(本当か?)。斎藤道三が港を欲しがっているように、海に徹底的にこだわりそうです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中