2020年 12月 1日 (火)

「麒麟がくる」信長降臨!で一気に沸騰。「駒は忍者?」「川口帰蝶、切なすぎ!」とネット炎上

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(写真・NHKホームページより)は1日(2020年3月)に放送された第7回「帰蝶の願い」で、ついに織田信長(染谷将太)がラストに初登場、「信長降臨!」「信長来たー!」と一気に盛り上がった。視聴率も前回より1・2ポイントアップの15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に上昇した。

   一方、戦災孤児で明智光秀(長谷川博己)に密かに想いを寄せている駒(門脇麦)も謎めいた行動を見せ、「駒はくの一(忍者)?」という説も広がっている。ネット上の声を拾うと――。

「信長との出会いを海から始めるとは。海にこだわる物語?」

   第7回では、織田信秀(高橋克典)が、斎藤道三(本木雅弘)と和議を結ぶことを決め、その条件として嫡男・信長(染谷将太)の嫁に帰蝶(川口春奈)に迎え入れたいと言ってきた。光秀は、帰蝶から「うつけ」とうわさの信長が「どんな男か見てきてほしい」と頼まれ、尾張の熱田市場へ潜入する。

   たまたま再会した菊丸(岡村隆史)の案内で、毎日漁に出ているという信長をひと目見ようと浜辺で待ち構えていると、海の向こうから船に乗った信長が朝日をバックに現れるというストーリーだ。

   ネット上では信長登場のシーンに、「待ってました!」とこんな声が。

   「信長降臨!ついに染谷信長登場!出会いのシーンは、もうほんとドキドキしたあ!遂に、お互いの運命を握る相手との対面、来週楽しみだあ!」

   「いよいよ最大のパワハラ上司の登場だね。ここから良い人光秀の苦悩が始まるのね。今まではいささかスーパーヒーロー的な違和感ありましたが」

   「一言も発せずただ朝焼けの海に現れる。身なりがみすぼらしい誰とも判らぬ男。そのワンシーンで新しい時代が始まる。ただそれは決して幸せなものではなく、誰にとっても過酷を極める。そんな想像を巡らすには十分な10数秒、余韻が生まれるのもいいですね」

   「信長との出会いを海から始めるとは。信長が海外との取引を重要視していたのは知っていたが、漁にまで出ていたとは知らなかった(本当か?)。斎藤道三が港を欲しがっているように、海に徹底的にこだわりそうです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中