2021年 9月 20日 (月)

YOSHIKI3度目のライブ自粛呼びかけ!ライブ決行のアーティストへ「命あればこそ」「自己責任の問題じゃない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   X JAPANのYOSHIKI(写真・2018年8月撮影)さんが3日(2020年3月)正午すぎ、自身のツイッターを更新。新型肺炎が感染拡大する中でのライブ決行に対し、改めて自粛を呼びかけた(下の写真)。

   「命があればいつかは失ったものを取り戻せる。でも亡くなってしまった人は、もう帰ってこない...今後みんなで助け合う方法を考えようよ」

と語りかけた。そして、

   「今このタイミングで、日本でのコンサートを開催、及び参加しているみんなへ、自己責任っていう問題じゃないと思うよ。批判じゃないよ、批判してる時間なんかない。戦っているのは、対人じゃなくて、対ウイルス。今からでも、自分も含めて、冷静な判断のもとにそれぞれができることをしよう」

とつづった。

「批判じゃないよ。戦っているのは人じゃなくてウイルス」

   YOSHIKIさんがコンサートなどの自粛を呼びかけたのは、2月29日、3月1日に続き3度目のことだ。3月1日に投稿したツイートでは、「海外から、何度も投稿してごめんね」と断った上で、

   「コンサートをキャンセルすることが、どれだけ大変な事なのかを、多分自分は知ってる。だけど今の状況は、選択肢とかじゃないような気がする。命より大切なものなんてないと思う。だからこそ自分も含めて、冷静な判断が必要。皆さんの安全を祈っています」

と、強く中止するよう訴えた。

   また、2月29日の投稿では、音楽仲間から無観客でのイベント開催を打診されたが断ったことを明かし、

   「もし、この2週間の間に自分のコンサートがあったとしたら、無観客ライブでさえもやらない。スタッフ及びメンバーの安全も大切だから。自分は決して人の模範になれるような人ではないけど、こういう時の判断は間違わない。今このタイミングで、コンサートを行う行為、及び参加は、危険な行為だ」

   YOSHIKIさんが今回、3度目の投稿をしたのは、名指しこそしなかったが、椎名林檎さんがライブを決行したことや、劇作家の野田秀樹さんが自粛反対の声明を発表したことなどが影響しているとみられる。

「hideちゃんやTAIJIさんを失ったYOSHIKIさんだから言える」

   ネット上では共感を寄せるリツイートが多くみられた。

   「私もそう思います。自己責任で済めば良いですが、ウイルスはそれで済まされないです。もし自分が感染していたら、他人に移していたら。広がる一方で終息に向かわないと思います。命を落とされている方もいらっしゃいます。冷静に判断して軽視せず、もっと深く考えるべきだと思います」

   「本当にそう思います...YOSHIKIさんの沢山のお言葉 本当にありがとうございます。YOSHIKIさんの想いがどうか伝わりますように」

   「YOSHIKIさんだからこその重い言葉。YOSHIKIさんだからこそ言える言葉。亡くなってしまったhideちゃんやTAIJI。肉親。命があるから、まだ救えるから一生懸命に訴えるYOSHIKIさん。どうか、その言葉の重みを皆様も理解して下さい。批判じゃない。ただ救いたいだけです」

   「今は全く健康ですが、もし、自分が感染していたら!と思うと、怖くて実家の両親に会いに行けないです」

   「これは命に関わる重大なこと。YOSHIKIさんが何度も何度も繰り返し呼びかけてくれることで、各メデイアにも取り上げられています ご自分の立場、影響力というものを考えての発信だと感じています」(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中