2020年 12月 5日 (土)

これも新型ウイルスの余波?「鬼滅の刃」が書店の棚にない!休校や自宅勤務で買い急ぎ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京・池袋のジュンク堂書店で飛ぶように売れていたのは、人気コミック「鬼滅の刃」だった。シリーズ全19巻の累計発行部数は4000万部超え。6日(2020年3月)に発表されたオリコン週間コミックランキングでは、「鬼滅の刃」が1~10位を独占した。特設コーナーを設けたジュンク堂は各巻1人2冊までとしているが、棚は空っぽだ。

   どうやら、一斉休校、イベント中止、外出自粛で、買い急ぎに拍車がかかっているようなのだが、親やさらに祖父・祖母世代も楽しんでいた。大正時代を背景なので違和感がないのだろう。

新潮社出版部長の中瀬ゆかり「集英社がうらやましい」

tv_20200306145150.jpg

   しかし、司会の小倉智昭はあまり興味がなさそうだった。「人間以外のキャラクターが出てくると弱い。アニメを見たけどきれいですね」

   新潮社出版部長の中瀬ゆかりはさすがに同業者だけに詳しかった。「いまは鬼滅一色ですね。ノベライズも売れています。読まないと損です。私は集英社の回し者ではないけど、この売れ行きはうらやましいですね」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中