2020年 10月 30日 (金)

<新TV見仏記>(関西テレビ系)
みうらじゅん&いとうせいこう おじさん二人の仏像巡り――深夜にこのゆるさがタマらん!ずっと続いてほしい長寿番組

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   仏像好きで知られ、互いを「仏友(ぶつゆう)」と認め合うみうらじゅんといとうせいこうが、各地の仏像を紹介していく。関西ローカルなうえ不定期放送のため、なかなかお目にかかれないのだが、2001年から続く長寿番組だ。今回は東大阪を舞台に4つのお寺を回った。

   市内を一望できる生駒山の展望台からスタートだ。花園ラグビー場を見つけた二人は、さそくラグビーW杯の話で盛り上がる。とはいえ、二人ともとくにラグビーファンというわけではないから、みうらはルールについて無知に等しく、「(ボールを)バーンってやるじゃないですか」「トライですね」「トライっていうのは学習塾のことじゃないんですね?」と薄い会話を繰り広げる。

これぞ「テレビの多様性」」

   仏像巡りの番組ながら、基本的にはこのゆるいテイストが延々続くので、視聴者の好みは分かれると思う。しかも、出演者はおじさんなので、ヴィジュアル的にも華がない。仏像の見方も「すごいねえ」「うわあ、でかっ!」「着ている服がお花柄でご婦人系だよね」とかごくフツーだ。

   商店街をぶらついたりタピったりしながら、仏像を鑑賞し、熟女二人旅のような東大阪行脚を終えた。各局がしのぎを削る深夜バラエティの中で、おじさん二人だけの旅番組ながら、オリジナリティーは唯一無二だ。

   みうらもいとうも気付いていないようだが、昨今失われつつある「テレビの多様性」をこれからも維持していってほしいなんて画面を見ながら思ってしまうのである。( 2月29日深夜2時15分~)

バード

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中