2020年 12月 1日 (火)

一斉休校中の「抜き打ち家庭訪問」 親がいなくてもいいとは犯罪者のやりたい放題にならないか

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   新型コロナで一斉休校が続く中、一部の学校で行われている家庭訪問が問題になっている。日にちや時間が決まっておらず、生徒がきちんと自宅にいるかを監視する抜き打ち家庭訪問ではないか、と批判の声が上がっているのだ。

   福岡市に住む後藤富和さんは2人の娘を持つ父親だ。長女が通う中学校の校長から保護者にきたメールには「家庭訪問を3月9日~13日の9:00~16:00に行います」「居宅状況を把握するために担任から訪問時間の連絡はしないようにしました」「本来学校がある時間は自宅にいるようにしてください」などと記されている。

   すでに家庭訪問を受けた別の家庭では、担任教師は玄関先で親と1分ほど話しただけで、実際に生徒と顔を合わせることはなかったという。

犯罪者が教師を装って家庭訪問する心配も

tv_20200310125137.jpg

   後藤さんは家庭訪問について、「人権上の問題」「防犯上の問題」があると訴える。特に気になるのがメールの「保護者の方の同席は必要ありません」という1文だ。共働きの後藤さんの家庭では、子どもが留守番をするときにはインターフォンに出ないように指導しているが、先生が来るのなら出ないわけにはいかない。

   「いつ先生が来るのか分からない状態なので、先生を装ってきた犯罪者を家に上げてしまう心配がある。とても危険な状態です」と後藤さん。実際に近くで、自宅にいた女子高生が襲われる強盗未遂事件が発生しており、不安を訴える保護者は多い。

   福岡市教育委員会は「抜き打ちだとは考えていません。表現の仕方、言葉は足りなかったことは受け止めています。教員も色々訪問する中で時間が確定できないこともあったので、あえて細かな日程を出しませんでした」と説明するが...。

   教員評論家の石川幸夫さんは「一番の問題は子どもが犯罪の被害に巻き込まれること。訪問者からウイルスに感染してしまう恐れもあります。不安をあおりますから学校として対応が間違っています」と指摘する。

   キャスターの立川志らく「先生の番号を教えておいて、電話をかければいいんじゃないかな」

   鴻上尚史(作家、演出家)「公園で気分転換したりするのは大切なことだと専門家も言っている。子どもを閉じ込めて、抜き打ちするなんて学校はもうダメです!」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中