2021年 9月 26日 (日)

「絶対零度」最終回に「号泣した」「続編作って」と感動の渦!一方で「あり得ない真犯人」「殺人鬼への共感ゼロ」とツッコミも満載

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

沢村とサシで勝負した高杉の演技に鳥肌立った

   このドラマはアクションシーンの切れがいいと評判だ。

   「まるで時代劇のような迫力のある格闘シーン。殺気満々の演技で切るか切られるかの殺陣のような素晴らしい演技でした。格闘シーンは今日2回あり、1回目の沢村さんが入る場面ではジャッキーチェーンの映画を見ているよう。2回目のスナイパーを仕留めるため3人がかりで倒すシーンは、横山さんの殺気満々の演技で引き込まれました。この番組の真骨頂を見た感じがしました」

   「あの沢村一樹とサシで勝負して演じきった高杉真宙の渾身、素晴らしかった。今はそれしか言葉が無い。篠田の人生が悲し過ぎて泣いてしまいました」

   「香坂さんが亡くなったのは残念ですが、とても良い最終回でした。沢村一樹さんの表情の変化、本当に素晴らしかったです。高杉真宙さん、ファブリーズCM~スカッとジャパンを経て、とても良い役者さんになりましたね。高岩さんのキレキレのアクション、悪役ながらかっこ良かった。篠田の最期に加賀美さんが現れた時はとても感動しました。そして家入レオさんの『未完成』の歌詞、ミハンの面々だけでなく篠田の境遇にもハマっていて、改めて鳥肌が立ちました。食卓を囲んだラストシーンも含め、メリハリのあるドラマでとても良かったです」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中