2020年 4月 1日 (水)

<スカーレット>(第146話・3月24日火曜放送)
信楽の作品を集めた陶芸展が年明けに開かれる。出品を聞かれた武志は「それまで生きてられるか...」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   喜美子(戸田恵梨香)は、息子・川原武志(伊藤健太郎)の作品である大皿が小さな音を立てていることに気づいた。本焼きした陶器に細かなひびが彩るときの現象だ。武志はこの音が"生きている"皿だと勇気が出す。

   しかし日に日に武志の食欲が落ちてきてしまう。心配する喜美子。

   喜美子も武志の父親・十代田八郎(松下洸平)も、残された時間を大切に過ごしている。

武志の大皿が小さな音を立てた。「皿は生きている!」

tv_20200319143421.jpg

   ある日、市役所の若手職員が訪ねてきて、信楽の作品を集めた「みんなの陶芸展」を開催するため、喜美子の陶芸教室から出品してほしいと頼まれる。喜美子は快諾し、作品を仕上げた直後の武志にも話をする。

   喜美子「みんなの陶芸展が年明けに開かれるらしいんやけど、武志はどうする?」

   武志「それまで、生きてられるか...」

   と答えるのだった。(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中