2020年 11月 29日 (日)

<エール>(第2話・3月31日火曜放送)
内気でいじめられっ子の裕一に父は言った「夢中になるもんを探せ。それがあれば生きていげっから」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   第1話の1964年の東京オリンピック開会式から、話はグーンとさかのぼって明治42年。福島の県下で有数の老舗呉服屋「喜多一」の当主・古山三郎(唐沢寿明)と妻・古山まさ(菊池桃子)に、待望の長男・古山裕一が誕生した。なかなか子宝に恵まれず、諦めかけていたときにようやく授かった子だ。三郎は大喜びで、当時はまだ珍しく高価だったレジスターを奮発して買ってしまったほどである。

   2年後には弟の古山浩二も生まれて、古山家は家族4人になった。

蓄音機から流れる名曲「威風堂々」に引き込まれた

   それから10年。両親の愛情をたっぷり受けて育った裕一(石田星空)は、不器用で運動神経が鈍かったが、心の優しい少年に成長した。緊張するとうまく話すこともできないほど内気で、同級生にからかわれたり、いじめられていた。

   ある日、「乃木大将」とあだ名されるガキ大将の村野鉄男(込江大牙)に、目をつけられてしまう。頬に傷を作ってしょんぼりと帰ってきた裕一に、父親の三郎が心配して声をかける。「人生はいろいろある。ながなが思い通りにはなんねえ。だから、夢中になるもんを探せ。それがあれば生きていげっから」

   居間に戻った父親は行進曲の名曲「威風堂々」のレコードをかけた。すると、蓄音機に吸い寄せられるように裕一が部屋に入ってきた。(総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中