2020年 11月 25日 (水)

神奈川県が「がんばれコロナファイターズ!」医療従事者はコロナと戦うだけでなく、いじめや偏見とも戦っている!

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   世界で大問題になっている新型コロナウイルスによる医療崩壊だが、日本は大丈夫なのか。

   WHOで新型ウイルスの感染対策に当たる、日本人医師の進藤奈那子さんは「日本はPCR検査を戦略的に行っていて、クラスターの特定や接触者の割り出しに最大の力を入れている。その結果、医療システムには今のところ負担がかかっておらず、今の対策を続ければ日本は持ちこたえられる」と話す。

   しかし、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議メンバーの釜萢敏(かまやち ・さとし)医師は「現状は進藤医師の見方よりももっと厳しい」と話す。「今の医療機関の入院の受け入れは、実は大変厳しい状態です。特に東京では院内感染があった病院からの患者さんの受け入れが非常に大変になっている。感染指定医療機関は満杯状態です」と言うのだ。

医療従事者の子どもが学校でいじめられている

tv_20200330125729.jpg

   そんな中、神奈川県は「がんばれコロナファイターズ」というキャンペーンを始めた。みんなで、全力でコロナウイルスと戦う医療従事者を守ろうというという試みだ。黒岩祐治知事は「医療従事者のお子さんが幼稚園や学校でいじめられています。『あそこはコロナが出たから搬入をやめておこう』という搬入業者もいるそうです。医療従事者はぎりぎりとのところで新型コロナと戦うだけでなく、いじめや偏見とも戦っています。これは絶対にやめないといけない」と話す。

   釜萢医師「国民のみなさんからのご支援がなければ、医療従事者は頑張ることができない。運悪く院内感染が起こってしまったところに対し、批判するのではなく支えていただきたい」

   司会の小倉智昭「フランスでは夜8時になるとみんなが窓を開け、拍手をし、医療従事者に『ありがとう』と伝えている。エッフェル塔にも感謝の気持ちのメッセージが出されます。そういう気持ちを持ちたいです」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中