2020年 11月 26日 (木)

<エール>(第4話・4月2日木曜放送)
藤堂先生の宿題に裕一は張り切った!北原白秋の詩に曲をつけてみろという――クラスメートの久志も期待している

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   古山裕一(石田星空)は小学5年生になり、音楽教育に力を入れる藤堂先生(森山直太朗)が担任だった。クラスメートには、金持ちの家の佐藤久志(山口太幹)がいる。

   ある日、藤堂先生が北原白秋の詩に「曲をつけてみよう」という宿題を出した。久志は、普段から西洋音楽を聴いている裕一ならきっと作曲できると言う。

   家へ帰ると裕一は父・三郎(唐沢寿明)に聞く。「父ちゃんは曲つくったこと、あっか」

母の実家に連れていかれた帰り、教会から流れてきた歌声

   裕一は母・まさ(菊池桃子)と福島・川俣にある母の実家、権藤の家を訪ねた。権藤家は県内有数の資産家であった。祖父の権藤源蔵(森山周一郎)と祖母の八重(三田和代)、伯父の茂兵衛(風間杜夫)が出迎えるが、裕一はこの家の人々が苦手だった。

   裕一は母と映画を見たあと、歌声が聞こえてくる教会に足を踏み入れた。そこでは聖歌が歌われていた。裕一は、その中のひとりの少女に目を奪われる。(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中