2020年 11月 29日 (日)

「無症状・軽症者の自宅待機」厚労省なぜ不許可?病院ベッド満床で重症者見殺し

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   政府の新型コロナウイルス対策の専門家会議は、感染拡大で「医療の機能不全」の可能性があると警告し、病床数を患者数が上回りそうだという。司会の羽鳥慎一が「とくに東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫が深刻です」と報告した。

   白鴎大学の岡田晴恵教授は「指定医療機関は満床。急ぐのは、軽症者を隔離する施設です。テントで検査するとか、とにかく物理的に重症者と分ける施設が必要です」と強調する。軽症者は自宅や宿泊施設に入れ、重症者のためのベッドを空けることが火急の課題だという。

   アメリカのニューヨークではセントラルパークに仮設の病院を作り、イタリアのミラノでは見本市会場に200床以上のベッドを置き、24時間治療できる病棟に改装した。

「自治体判断」と言いながら、基準示さず実質「ノー」

tv_20200402123900.jpg

   ドイツは無症状なら自宅待機だが、日本は無症状や軽症者も原則入院で、それだけベッドがふさがる。厚生労働省は軽症者に自宅待機の方針を出したが、実施を自治体任せで、具体的基準を示さず、現場は対応できずにいる。

   羽鳥「各県が自宅待機にしたいといっても、厚労省は許可を出していません」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「厚労省は自宅待機にすると、全国で問題になるからできないのだそうだが、なぜ許可しないのか理解できないですよ」

   羽鳥と玉川が声をそろえて、厚労省に対して「ツイッターでもいいから、なぜか答えてください」と要求した。

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中