2022年 10月 8日 (土)

朝ドラ「エール」の福島弁に議論沸騰!地元民「使っだごどねがっだぞい」他県の視聴者「標準語の字幕つけて」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

毎朝エール見でっど「行ってぐっからなあ」となまっちまう

   いずれにしろ、福島弁ネイティブの人々にはうれしい「エール」のようだ。

   「『調子乗っでるがら』も福島弁では『おだっでっがら』が正しい。でもこれじゃ、字幕が必要だね」

   「福島弁が注目されているのは嬉しいです。方言に挑戦なさる出演者さんには頭が下がります。ただ、『ずぐだれ』とか『生まれたべー!』など地元民が使わない単語・用例が出てくること、『〜だない(=〜だね)』『〜だぞい(〜だよ)』という最も重要なニュアンスの語尾が現時点でほぼ見られないのが不満です」

   「今日のエール。どこ行ってたの?→どこさ行っでだの? 壊したら→ぼっこしたら。そんな大きな声出さないで!→そっだでかい声でしゃべんなで!。子役ちゃんたちの福島弁は上手だけど、大人のセリフがなあ」

   また、こんな意見もあった。

   「朝ドラ見てから出勤すんだけんちょも、毎朝これみでっど、なまっちまう。行ってぐっからなあ、と」(テレビウォッチ編集部)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中