2020年 7月 9日 (木)

朝ドラ「エール」に衝撃!「音ちゃんパパ」急死に「光石研ロス」の号泣...「あなたの言葉の数々が心にしみたのに...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHKの連続テレビ小説「エール」は9日(2020年4月)の放送で、ヒロイン関内音(清水香帆)の父親・関内安隆(光石研)が急死するという予想外の事件が起こった。

   音が学校で学芸会の練習をしているときに警察から急きょ連絡が入った。安隆が子どもを助けようとして、その代わりに電車にはねられて死亡したというのだ。音は「お母さん。お父さんは、なんで私たちを残してよその子を助けたの?その子の方が大切だったの。お父さんに会いたいよ」と涙ぐむ。母の光子(薬師丸ひろ子)は「お父さんはあなた達には見えないけど、ずっとそばにいるのよ」と語りかけるのだった。

   優しくて家族思いの「音ちゃんパパ」の急死にネット上では「光石研」ロスの声が広がっている。

  • 家族思いだった「音ちゃんパパ」(NHK番組ホームページより)
    家族思いだった「音ちゃんパパ」(NHK番組ホームページより)
  • 家族思いだった「音ちゃんパパ」(NHK番組ホームページより)

生徒の前で父の死をつげるシーンに「女子供」人権無視の時代を感じた

   「優しかったお父さんの、突然の死。子供を助けたことで事故に巻き込まれて。残された家族の悲しみは深い。子供たちは一生懸命に悲しみに耐え、お母さんも子供たちを育てていかなくてはと、精一杯気丈にふるまっている。職人さんたちも離れていった。でも、きっと助けてもらった子供とその家族も、今、深く感謝しているのと同時に申し訳なくて辛くて身の置き場のない思いをしていると思う。音ちゃんたち家族がこの先どうなっていくのか、もちろん大人になった祐一君と音ちゃんの将来も含めて見守っていきたいです」

   「生徒皆の前で父親の死をつげたシーン、一瞬あれ?って思いましたが、それは現代の感覚なのだと思い直しました。『女子供』の人権が大切にされていなかったこの時代、別室に連れて行って伝えるなんて配慮がなされなくてもさもありなんと納得です。今朝は薬師丸ひろ子の演技力に心を奪われました。子供たちの前での優しい表情、取引先との対面で覚悟の表情、悲しみをこらえて夫との思い出を語る表情、どれも素晴らしくて。BSと地上波と繰り返し観ましたが2回とも泣かされてしまいました」

   「お父さん好きでした。亡くなり方も、お父さんらしい気がする。ドラマだと分かっていても残念」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中