2020年 11月 28日 (土)

「保育園」休園か登園か・・・東京23区でバラバラ!足立区は医療関係、警察・消防の保護者の園児は預かります

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   保育園の休園について、東京都は「なるべく家庭で見ていただきたい」としているが、区によって対応はバラバラだ。23区で原則臨時休園を決めたのは8区のみで、足立区は原則休園としながらも、保護者が医療施設や警察・消防などに勤める世帯とひとり親世帯は登園を認めている。世田谷区の保育園では「保育が必要な人に対し休園することがないよう書面で要請があった」という。

   保育士は「育休中の方は保育を休みにしてください。そうすれば保育士も交代で休みを取ることができます」「登園自粛してくれているのは、クラスに1人」と訴えている。つまり、多くの区で保育園はいつもと同じように運営されているということだ。

働かないと子供を食べさせられない

   経済産業省の元職員、石川和男氏は「そりゃ当たり前ですよ。親が働くときには、だれかが面倒を見なくてはならない。介護も同じです。保育や介護の施設がシャットアウトされたら、働けなくなります。働けないと家計が持たない。補償があれば会社を休めるんですけどねえ」という。

   犬山紙子(コラムニスト)「親たちは、仕事をお休みにして子供の命を守りたいという気持ちと、保育園を休みになってしまうと暮らしていくお金がなくなって子供の命を守れないと、分かれてしまっている状態」

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中