2020年 11月 29日 (日)

病み上がりの美輪明宏がゲストで、自宅(?)からなのか、映像出演である。2人のMC(船越と美保)が長いのはなぜか
<ごごナマ ゲスト 美輪明宏>(NHK総合)

   以前、この放送に出た後で倒れて、脳梗塞を患って生還した美輪明宏がゲストなのだが、新型コロナのせいなのかどうか、画面の右の大型スクリーンに映っているのが美輪。相変わらず強烈な厚化粧にブランド物のひらひら衣装で、西洋風観音様みたいに座っている。可笑しいのは耳が少し遠いのか、質問に対して答えに間がある。病み上がりを気遣ってのことだろうが、見ていてイライラする。

   司会の船越英一郎と美保純、加えてこの春から阿部アナが報道に戻り、やってきたのは小松宏司アナウンサー。彼はBSの『新・BS日本の歌』で明るい司会をやってきた男性で、四六時中ニコニコしている人である。顔の筋肉が疲れないのかね。船越が体調を質問したり、美輪への気遣いが半端ない。ちゃっかり美輪のEテレの番組『にほんごであそぼ』の中の『みわサン』の宣伝をしたりする。

   筆者が不思議に思っていたのは2人の司会者、船越と美保。船越はドラマで十分すぎるほど稼いでいるし、美保はルックスも発声も決して美しいとは言えない草臥れた人なのに、このMCが長いのは、ハテ、マネジャーが強力なのか? それともPのお気に入りなのか? 午後の眠ったような時間にテレビの生放送を見ているヒマな主婦族には、美保的初老のタレントの方が、優越感を感じていいのか(まさか)。他局がほとんど似たようなワイドショーやお古のドラマや映画で暇つぶし番組なので、わが道を行くNHKの余裕であるか。(放送2020年4月6日13時~)

   (黄蘭)

採点:0
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中