2020年 12月 1日 (火)

<エール>(第14話・4月16日木曜放送)
養子含みで伯父の銀行に就職した裕一。資産家の跡取りで将来の頭取と町中の噂に!ダンスホールの踊り子も誘ってきた

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   昭和3年(1928年)3月、古山裕一(窪田正孝)は商業学校を卒業した。そして、古山の家を去り、母・まさ(菊池桃子)の実家である権藤家の養子となることになっている。これからは伯父・茂兵衛(風間杜夫)の経営する川俣銀行に住み込みで働くことになる。

   裕一が荷物を解き始めると、捨てきれなかった音楽の本と母からの手紙がでてきた。「つらい時に支えてくれるのは音楽だと思うから」とつぶやく。

   川俣銀行支店長の落合吾郎(相島一之)、行員の鈴木廉平(松尾諭)、事務員の菊池昌子(堀内敬子)、新人の松坂寛太(望月歩)らは、裕一を歓迎した。養子の件は、仕事を覚えて一人前と認められたら正式に手続きをとることになっていた。

一番人気の志津が他の男たちをしり目に・・・

tv_20200410143351.jpg

   福島有数の資産家である権藤家の跡継ぎで、将来は銀行頭取になるかもしれない裕一は町の噂だった。銀行の仕事は忙しくなく、勤務時間中の雑談が多い。裕一が女性とふれあう機会が少ないと話したことから、その日の終業後、ダンスホールに出かけることになった。

   ダンスホールには若い男女が大勢いた。男性たちはチケットを購入し、目当ての踊り子と踊ってもらう。鈴木はよく来るようで、「あれが、こご一番人気の踊り子だ。かわいいげど、あれは手ごわい」などという。志津(堀田真由)という踊り子だった。美しい志津は大勢の男性に囲まれている。

   裕一が一人の踊り子にチケットを渡そうとすると、ふいに志津が横から裕一のチケットを取った。志津の方から誘ってきたのだ(NHKあさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中