2020年 7月 14日 (火)

「麒麟がくる」正徳寺会見、マムシ道三VS大うつけ信長バトルに「しびれた~!」「信長カッコよすぎ!」と称賛の声

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は19日(2020年4月)、マムシの斎藤道三(本木雅弘)とうつけの織田信長(染谷将太)が初めて会う「聖徳寺の会見」が放送された。前半のヤマ場だ。

   道三が大広間で待っていても信長はなかなか現れない。道三がイライラし始めたころ、キッチリ正装した信長がやってきた。信長は帰蝶が用意した道三好みの衣装に着替えていたため遅れたとわびる。そして、信長は帰蝶が(川口春奈)、自分が殺されてしまうのではないかと心配していると付け加えるのだった。

  • 正徳寺会見での織田信長(NHKの番組ホームページより)
    正徳寺会見での織田信長(NHKの番組ホームページより)
  • 正徳寺会見での織田信長(NHKの番組ホームページより)

斎藤道三「信長殿はたわけじゃが、見事なたわけじゃ」

   道三は「300もの鉄砲隊を引き連れた男をどうやって討ち取るのだ」とおどける。信長は「鉄砲隊は帰蝶が仕組んだこと。私は帰蝶の手のひらで転がされている尾張一のたわけです」と笑った。道三が「ところで、家老たちを引き連れていないが」と持ちかけると、信長は二人の若者を呼んだ。土豪出身の前田利家と佐々成政だった。「この世を変えるのは家柄や血筋ではなく、実力でしょう。私たちも変わらなくてはなりません...」。

   これを聞いて道三は大いにうなずいた。「信長殿はたわけじゃが、見事なたわけじゃ。意味は帰蝶に聞いたらよかろう」。この2人の出会いのシーンにネット上では称賛の声があがった。

   「緊張の対面で、カワイイ染谷信長はどんな演技するのか?楽しみにしていました。前回いいとこ全部持っていった風の帰蝶、実はここで信長が道三に種明かしし、『あなたの考えは見透かしている』と伝えるためだったのですね。カメラワークの信長に迫力がありました。イラつく道三が小物に見えるよう遠くからで、落ち着いた信長は近くで写しました」

   「聖徳寺の会見は、文句なしによかった。すごく見応えがあった。信長がすっかり道三の心をわしづかみにした。信長がつぎに何と言うか、何と返すか、思わず集中して見入ってしまったよ。その後、信長が今川軍との戦のあと、家臣の死を見て、涙を流すのもよかった。これって、けっこう新しい信長像だと思う。こういう信長がこれから、どう描かれていくのか。期待を持たせてくれた場面だったよ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中