2020年 7月 10日 (金)

県内全世帯に100枚のマスク購入券、外出せず食事できるデリバリーサービス...色々な自治体が工夫しているぞ!

印刷
毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   緊急事態宣言が全国に広がり、各自治体が「外出自粛」をサポートする様々なアイデアを競っている。

   新潟県燕市は県外に住んでいる地元出身の学生(18~30歳)を対象に、特産の米、みそ、キュウリとマスクの詰め合わせを配布している。今月(2020年4月)10日からホームページで希望者を募集、応募者全員に無料で配送される。市の担当者は、「故郷に帰れない学生がかわいそうだ。せめて地元のお米だけでも届けたい」といっている。

「自治体の特性、リーダーの良し悪しが出ています」

tv_20200421125955.jpg

   福井県では県内の全世帯にマスク購入券を配っている。購入券1枚で県内の指定のドラッグストアで1箱50枚入りを2箱買える。1箱2350円で今月24日から来月(2020年5月)10日まで。担当者は「大量に確保しているので3密を避けて並ばないで購入してほしい」と呼びかけている。

   大阪府では外出せず食事できるデリバリーサービスを促進。指定の事業者を通してデリバリーを利用すると、1000円以上使うと500円分がポイント還元される。来月6日まで。

   愛知県刈谷市では上下水道の基本料金を免除する。外出自粛すると水道代が増えるというわけで、来月請求分から4カ月分を免除するという。

   司会加藤浩次「いいねえ、いろいろやっていますね」

   キャスターの近藤春菜「助け合い、思いやり。不安をぬぐってあげるという点で、大きな影響を与えると思いますね」

   加藤「自治体によって細かいサービスがあるということ、大事ですよね」

   ロバート・キャンベル(国文学研究資料館館長)「福井県のマスク、秀逸だと思います。県内の問屋さんから県が大量に買い上げ、ドラッグストアに卸す。政治的な決断でしたね」

   加藤「自治体の特性、リーダーの良し悪しが出ていますね」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中