2020年 11月 28日 (土)

県内全世帯に100枚のマスク購入券、外出せず食事できるデリバリーサービス...色々な自治体が工夫しているぞ!

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   緊急事態宣言が全国に広がり、各自治体が「外出自粛」をサポートする様々なアイデアを競っている。

   新潟県燕市は県外に住んでいる地元出身の学生(18~30歳)を対象に、特産の米、みそ、キュウリとマスクの詰め合わせを配布している。今月(2020年4月)10日からホームページで希望者を募集、応募者全員に無料で配送される。市の担当者は、「故郷に帰れない学生がかわいそうだ。せめて地元のお米だけでも届けたい」といっている。

「自治体の特性、リーダーの良し悪しが出ています」

tv_20200421125955.jpg

   福井県では県内の全世帯にマスク購入券を配っている。購入券1枚で県内の指定のドラッグストアで1箱50枚入りを2箱買える。1箱2350円で今月24日から来月(2020年5月)10日まで。担当者は「大量に確保しているので3密を避けて並ばないで購入してほしい」と呼びかけている。

   大阪府では外出せず食事できるデリバリーサービスを促進。指定の事業者を通してデリバリーを利用すると、1000円以上使うと500円分がポイント還元される。来月6日まで。

   愛知県刈谷市では上下水道の基本料金を免除する。外出自粛すると水道代が増えるというわけで、来月請求分から4カ月分を免除するという。

   司会加藤浩次「いいねえ、いろいろやっていますね」

   キャスターの近藤春菜「助け合い、思いやり。不安をぬぐってあげるという点で、大きな影響を与えると思いますね」

   加藤「自治体によって細かいサービスがあるということ、大事ですよね」

   ロバート・キャンベル(国文学研究資料館館長)「福井県のマスク、秀逸だと思います。県内の問屋さんから県が大量に買い上げ、ドラッグストアに卸す。政治的な決断でしたね」

   加藤「自治体の特性、リーダーの良し悪しが出ていますね」

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中