2020年 11月 29日 (日)

「麒麟がくる」暗殺に次ぐ暗殺...血なまぐさい展開にネット衝撃!道三VS高政VS帰蝶「戦国一家バトル」に「怖くて息が止まりそうだけど、面白い」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」第15回「道三、わが父に非(あら)ず」が26日(2020年4月)に放送されたが、尾張の織田家と美濃の斎藤家の「お家騒動」が描かれ、暗殺に次ぐ暗殺という血なまぐさいシーンの連続がファンに衝撃を与えた。ネット上では、「ものすごい展開...」「うわーー!って何回叫んだか」という興奮の声が上がった。

   まず、織田家では――。織田彦五郎(梅垣義明)の手の者によって尾張の守護・斯波義統が暗殺されると、その彦五郎もまた信長の叔父の織田信光(木下ほうか)に碁の途中で刺し殺されるありさま。その信光に暗殺をそそのかしたのが帰蝶(川口春奈)だった。

  • 仏門に入った斎藤道三(NHK番組ホームページより)
    仏門に入った斎藤道三(NHK番組ホームページより)
  • 仏門に入った斎藤道三(NHK番組ホームページより)

みたらし団子をほおばりつつ暗殺をほのめかす帰蝶の凄み

   帰蝶のもとに信光が彦五郎につくか相談にくるのだが、「彦五郎から碁を打ちに来ないかと誘われているのだが...」という信光に、帰蝶は「碁(=彦五郎)を打ち(=討ち)なされ」と勧めるのだった。ニンマリと微笑みつつ、団子をほおばるシーンに凄みがあった。

   一方、斎藤家では――。道三(本木雅弘)が仏門に入り、斎藤高政(伊藤英明)が家督を継ぐ。しかし、道三の正妻の子・孫四郎(長谷川純)と喜平次(犬飼直紀)が、尾張の帰蝶や反高政派の国衆にそそのかされて、高政排斥に動き出す。そこで、高政は病気になったといつわる。そして、見舞いに訪れた弟の孫四郎と喜平次を配下の者たちに討ち取らせるのだった。

   高政の蛮行に怒り狂ったのが道三。道三は2人の息子の亡きがらから流れ出た血を顔に塗りつけると、「この血の匂いを嗅ぐがよい。高政! 許さんぞ!」と大声を上げるのだった――。いよいよ次回「大きな国」は道三と高政の父子決戦だ。

   ネット上ではこんな声が上がっている。

   「道三劇場。道三が出てくると重みと凄みが出る。斎藤家のドロドロ・ゴタゴタは知っていたが、映像で見るとえげつない。道三と鷹狩りに行く孫四郎の勝ち誇った顔に、孤独な高政の敵意の表情。この二人の関係を作り出したのは、道三お父さんだと思った。高政は『父上の間違いは孫四郎を甘やかしたことと、信長を高く評価したこと』と十兵衛に言ったが、道三が、兄弟で協力し合えるようにしておかなかったことだと思った。高政の心に気付かず、わが子高政を敵とみなす道三と、いなくなった頼芸をいまだにわが父と言い続ける高政が悲しかった。どうなるのかな。次回も楽しみ」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中