2020年 7月 11日 (土)

新型コロナより怖くて悲しいモノが蔓延中。「自粛警察官」気取りで人々を傷つける輩が多すぎる

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   司会の小倉智昭が眉をしかめながら取り上げたのは、新型コロナウイルスの感染防止に名を借りて、嫌がらせや誹謗中傷を繰り返すネクラ連中たちだ。「自粛が続くなか、要請を守りながら営業中の店舗に、バカという言葉をはく、自粛警察ともいえる過剰な反応を示す人たちが続出しています」

   東京都内の煮込みが自慢の老舗居酒屋のシャッターに、ある朝、こんな殴り書きの紙が貼られていた。「このような事態でまだ営業ですか?」とある。店は自粛要請通り午後8時までの営業で、座席も減らしている。店が「都の要請を遵守し、コロナの拡大防止に注意しながら、信念をもって営業を継続してまいります」という説明を貼ると、これにバツがされて、「バカ」と書き加えられていた。店主は「悲しい」と嘆く。

自粛要請通り午後8時まで営業の店に「バカ」の貼り紙

tv_20200428121722.jpg

   別の都内の飲食店では、客を入れず、歌手のライブ配信を流したら、いつの間にか店内に「自粛してください。次、発見すれば、警察を呼びます 近所の人」という紙が貼られていた。志村建児ディレクターに店主は、「女性のシンガーソングライターで、当日は店には彼女と私と嫁だけ。本人が持参したスマートフォンで配信したのです。これ(嫌がらせ)が全国にあるとしたら、それはすごく悲しい」と話した。

   徳島では、県外ナンバーの車に誹謗中傷を浴びせたり、投石やあおり運転が頻発したりしている。県内在住者でも「支店の社員の愛媛ナンバーの車で昼食に行ったら、入店を断られた」そうだ。飯泉嘉門知事が「徳島県においでいただくことのお断りをさせていただいております」と宣言したのがきっかけだった。

   静岡・伊東市では温泉施設の駐車場で、県外ナンバーの車が傷つけられ、警察が器物損壊容疑で捜査している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中