2020年 11月 29日 (日)

「10万円給付」早く欲しい!あすから振込の町村もあるのに、東京・足立区は7月...なんでバラバラなの?

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   現金10万円の特別定額給付金について、「給付時期が自治体によって違うのはなぜなのか」という声が「スッキリ」に寄せられている。 早いところは、あさっての5月1日(2020年)にも口座に振り込まれる。熊本県高森町は24日に町民に申請書を送付し、きのう28日から車に乗ったままの「ドライブスルー方式」で受け付けをスタートした。青森県西目屋村も1日に給付開始する予定だ。

   あす30日にでも振り込まれるのが北海道東川町。「少しでも早く届けて、生活に役立てていただきたい」と、緊急にお金が必要な世帯主を対象に「先払い制度」を始めたという。

   一方、「高知市ですが、早くて6月末からというニュースに愕然としています」という声もある。高知市総務部の特別定額給付金室の室長は「人口32万人ですが、職員は急遽、発令された7人ほど。少しでも早く給付するため、対応に追われています」と話す。

   東京都足立区についても、「給付金は5月下旬に郵送にて申請書が届くとのこと。おそらくは給付は7月頃。遅すぎます」という区民は不満げだ。担当課長は「システムの改修、申請書の印刷について時間がかかってしまう状況です」と話す。

安倍内閣の方針逆移転で自治体も対応遅れ

   給付金の手続きは、市町村から各世帯に申請書を郵送、それに記入して郵送か、オンラインで返信、その後に口座に振り込まれる。なぜ、自治体ごとに時期の差があるのか。

   政策アナリストの石川和男さんは「人口が少ない市町村ほど、郵送の手間などが減るため早く給付できます。外部委託をすれば、早く対応することもできます」といっている。

   司会の加藤浩次「このバラツキ、どうしたらいいでしょうか」

   宮崎哲弥(評論家)「各自治体に事情があり、やむ得ない面がありますが、そもそも政府の意思決定が遅れました。窓口が混み合う可能性があるので、急がないという人には少しずらして申請してもらうといいかもしれませんね」

文   一ツ石
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中