2020年 10月 31日 (土)

1時間以上使って自局の朝ドラ『エール』の大宣伝。藤堂先生を演じている森山直太朗のトーク
<土曜スタジオパーク 森山直太朗>(NHK総合)

   堂々と「エール特集!」と標榜して1時間以上も宣伝に使うとは、さすが金も時間も有り余るNHKサン。今回は朝ドラ『エール』で主役・古山裕一の小学校時代に、裕一に音楽の才能があると応援してくれた音楽の藤堂先生に扮している歌手の森山直太朗である。

   白状すると筆者は森山直太朗の母親、歌手の森山良子が昔から苦手であった。歌も上手いしソプラノの美しい声をしているのだが、なにか彼女の媚びる感じが嫌いで、息子の直太朗も「右に倣え」と好きではなかったのだ。しかし。『エール』の中での藤堂先生はなかなかいい。メガネをかけた新人先生の真っ直ぐさがよく出ていて好感が持てる。撮影の内輪話として、運動会で転んでしまった裕一(子役の石田星空)が、ハーモニカ部員を指揮する藤堂先生のところにやっとこすっとこ駆け寄る場面で、勢いあまって先生が尻餅をつく。

   直太朗は撮り直しだと思っていたら、監督のOKが出たという。確かにあの場面は2人で抱き合って尻餅をついて良い演出だった。コロナ禍で自宅(?)からの出演となった森山は自然体で、藤堂先生とはまた違った貫禄がある。ヒットした『さくら』で大分儲けたナ。作詞家の御徒町凧もチラッと出た。コンビの相手である。

   近頃は歌手やアスリートの俳優出演が多い。ヒットしたのは前回の『半沢直樹』における敵役の石丸幹二。ちょっとでも視聴率が上がるならだろうが、役者に人材が減ったということでもあろう。(放送2020年4月25日13時50分~)

   (黄蘭)

採点:0.5
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中