2020年 11月 28日 (土)

<行列の女神~らーめん才遊記/第3話>(テレビ東京系5月4日月曜放送)
売られた喧嘩は買う!つけ麺ラーメン店の再建かけて芹沢達美はフードコンサル会社と対決

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

    日本一のラーメン店「らあめん清流房」のカリスマ店主にして、フード・コンサルティング会社「清流企画」社長・芹沢達美(鈴木京香)が、ド天然で空気は読めないが料理の才能だけは抜群の新入社員・汐見ゆとり(黒島結菜)らとともに、潰れそうなラーメン店を繁盛店に変えていく。

   「つけ麺あんざい」店主・安西徳之(窪塚俊介)からきたコンサルの依頼を、汐見は誰にも相談することなく勝手に引き受けてしまった。芹沢は「ウチの看板を背負っていく以上、失敗は許されないわよ」とくぎを刺していかせる。安西が作るつけ麺は汐見も納得のうまさだが、なぜか客がまったく入らないのだ。問題は「味」以外にありそうだ。

味は悪くないのにさっぱり客が入らない

   安西が原因を探っていると、やはりフード・コンサル会社の「味惑コーポレーション」の難波倫子(松井玲奈)が現れた。安西の妻が依頼していたのだ。夫婦は誰に依頼するかで口論が始めた。さらに、難波は汐見に向かって「消え失せろ! このボケッ!」と当たる。

   うんざりして汐見が帰社すると、汐見の母親・橋爪ようこ(高畑淳子)と父親・汐見亮二(利重剛)がいた。母親は全国に支部を持つ「橋爪クッキングスクール」の代表で、ラーメンを「ジャンクフード」と目の敵にする自然派食品原理主義者だった。芹沢と橋爪は、かつてテレビ番組で対決したこともある因縁の間柄だ。ラーメン界の天敵である橋爪が「娘の就職先の様子を見に来た」というのは表向きの理由で、本当の目的は別にあった。

   そのころ、安西夫婦は難波が提案した再建プランに乗ろうとしていた。一見、非の打ち所のないプランと思えた。しかし、芹沢は裏があるとにらみ、「売られた喧嘩を買いに行く。ついでに火薬も投入してね!」と味惑コーポレーションに乗り込み、2社によるコンペを申し出た。(よる10時)

   寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中