2020年 12月 1日 (火)

〈警視庁・捜査一課長2020/第5話〉(テレビ朝日系5月7日木曜放送) 派手なキャミソールを握ったままビルから転落死した女性。男にもカネにも仕事にも執着しすぎて殺されたのか?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京・吉祥寺のビル屋上から、古着店店主・青崎美枝(内田慈)が転落死した。手には、派手なキャミソールが握られていた。目撃者によると、彼女はキャミソールにしがみつくように屋上からぶら下がっていたが、力尽きて落下したらしい。屋上には犯人らしき人影も見えたという。臨場した警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志) は「ビルから転落しながらも、キャミソールを決して話さなかった」と、被害者のキャミソールに対する執着心に着目する。

   まもなく、青崎が元交際相手の人気デザイナー・灰田民夫(小田井涼平)へのストーカー行為で警察から注意を受けていた事実が判明する。青崎と灰田は1年前に破局したが、青崎は灰田にデザインを盗まれたと言いがかりをつけ、度々金を要求してきたという。

  • 「警視庁・捜査一課長2020」(テレビ朝日の番組ホームページより)
    「警視庁・捜査一課長2020」(テレビ朝日の番組ホームページより)
  • 「警視庁・捜査一課長2020」(テレビ朝日の番組ホームページより)

怪しい女が浮かぶが鉄壁のアリバイがあった

   さらに、青崎はかつて大手アパレル会社に勤務していたが、10年前に同僚・赤堀ルリ子(酒井若菜)を社長に、ランジェリー専門のアパレル会社を設立していたことも明らかになった。問題のキャミソールは青崎がデザインして大ヒットした商品で、そのおかげで会社は軌道に乗ったのだった。だが、青崎はなぜか、3年前に突然退社した。 青崎は果たして、男にもカネにも仕事にも執着しすぎて殺されたのか?

   そんな中、事件現場での聞き込み中に、物陰から様子をうかがう赤堀の姿を見た現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は彼女を疑う。しかし、事情聴取に赴いた平井と管理官・小山田大介(金田明夫)に対して、子供服の新ブランドを立ち上げたばかりの赤堀は、事件発生時刻の午後3時10分には提携先の社長・黒坂圭一郎(天宮良)と打ち合わせをしていたと主張した。青崎の退社についても「必要ないと思ったから辞めてもらっただけよ」と説明し、「無駄な聞き込みは終わりでいいですか?」と取りつく島もない。

   そして、黒坂と黒坂の秘書・緑沢いづみ(小橋めぐみ)も、赤堀が言った通りにアリバイを証言した。となると、青崎が転落死した時刻に吉祥寺で犯行を犯すことは不可能だ。

   だが、大岩も一目置く鋭い直感力を持つ平井は、「私は何にも執着しない、しがみつかない。自分ひとりで自由に生きていく」と言い放った赤堀の新ブランドが子供服であることに引っかかっていた。捜査を進めると、やがて真犯人がしがみついているものの正体が見えてくる。大岩たちは一体どうやって、鉄壁のアリバイを崩すのか......。(よる8時放送)

   寒山

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中