2020年 10月 28日 (水)

博多華丸 朝ドラ「エール」古山裕一に怒る!「煮えきらん男ですたい」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大型連休中は休止だったNHKの朝の情報バラエティー「あさイチ」(月~金あさ8時15分)は、きょう7日(2020年5月)から再開し、近江友里恵キャスターは冒頭の朝ドラうけでこう嘆いた。「あさイチが連休でお休みしている間に、なかなか結婚までいかないですね」

   直前の番組の連続テレビ小説「エール」(総合・月~土あさ8時)で、主人公の古山裕一(窪田正孝)は音楽を取るか、恋人の関内音(二階堂ふみ)を取るか悩み、結局、イギリスへの音楽留学を選んで、音に別れの手紙を書いた。ところが、世界不況でイギリス留学の話は立ち消えになってしまう。すべてを失った裕一は将来に絶望し、力づけようと東京から飛んできた音にも、「僕はひどい男だ。ほっといてください」と自分を責めるばかりだった。

  • ずぶ濡れでハーモニカを弾く裕一(NHK「エール」番組ホームページより)
    ずぶ濡れでハーモニカを弾く裕一(NHK「エール」番組ホームページより)
  • ずぶ濡れでハーモニカを弾く裕一(NHK「エール」番組ホームページより)

ヒロイン・関内音をその気にさせておいて結婚を逡巡

   音はそんな裕一の背中に「何とかするから、待っとって」と叫び、裕一を専属作曲家として契約してもらおうと、東京でレコード会社に必死に売り込む...というのが、けさまでの話だった。けなげな音に対して、いじいじしている裕一に、「あさイチ」の博多華丸キャスターが「煮えきらん男ですたい!」と怒った。

   相方の博多大吉は「気持ちはわかる。複雑なんだろうなと」とフォローするが、華丸は「いやいや、(裕一と音の)どっちの気持ちがわかると? こげん背中を押してもらって、あと何が不足なんですか、裕一さん! あんたなんですから、その気にさせたの。音ちゃんを」と収まらない。大吉は「まあまあ、落ち着いて」

   しかし、あす8日の「エール」で裕一は、福島の富豪の叔父の養子になることに嫌気がさし、東京で音と暮らすことを選ぶ。ようやく結婚だ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中