2020年 11月 28日 (土)

アクリルの需要急増!新型コロナ流行で仕切り板やフェイスシールド――感染予防効果はいま一つ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   新型コロナウイルスの感染防止のため、アクリル板の需要が急増している。人と人が向かい合うような場所に置くと飛沫による感染を防ぐ効果があり、飲食店や市役所の窓口、ネイルサロンでも設置が進んでいる

   アクリル板越しにリコーダーのレッスンをしている東京音楽大・大学院非常勤講師の吉澤徹さんは「透明なアクリルなので、抵抗なく受け入れてもらっています。来てくれる生徒に少しでも安心感を与えられることが大きい」と話す。

   先月25日(2020年4月)から休業していた仙台市の釣り堀「釣物語」でも、休業要請解除に向け、約7万円をかけて18枚のアクリル板を等間隔で設置した。アクリル板に左右を挟まれて釣るのだ。代表の髙橋敦さんは「小さいお子様が多いので、何かあった時に心配でした。隣のしぶきがかからないと好評です」と話していた。

医療関係者やスーパーから注文

tv_20200507122044.jpg

   透明なアクリルで顔を覆うフェイスシールドは、医療関係者のほか、スーパーの店員や手話通訳者らが着用している。イベントやコンサートで販売されるグッズを製造している東京・足立区のアクリル加工会社「三幸」は、フェイスシールドを作り始めたところ、4月中旬ぐらいから注文が急増したという。値段は10枚で1万5000円。医療関係者から7000枚の受注があり、ゴールデンウイークも返上で製造に追われた。「ひっ迫した状況でみなさんお困りだと思うので、1日でも早くお届けしたい」と小沢頼寿社長は話していた。

   キャスターの立川志らくがフェイスシールドをつけて登場。「違和感はないですね。マスクの方が苦しいぐらいです。これをみんなでつけていれば、野球やコンサートも見に行けるでしょうか」

   小林寅喆教授(東邦大)「直接飛沫を浴びないという効果はありますが、横はあいています。(内側に)自分の息がかかって、つばもつくのでメンテナンスが増え、感染経路も増えます。使った後のごみをどうするかという環境面の心配もありますね」

   志らく「これが国民全体に行き渡れば安心、という単純な話じゃないようですね」

文   キャンディ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中