2020年 10月 31日 (土)

<エール>(第32話・5月12日火曜放送)
相変わらず1曲も採用されない古山裕一 「このままだと契約金返還になる」と脅され真っ青!妻の音を養えなくなる

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。

   古山裕一(窪田正孝)はレコード会社と専属作曲家の契約を結んだが、半年たっても1曲も採用されない。どこがダメなのか、それすらわからず悩んで、同期の木枯正人(野田洋次郎)と浮かない顔で話す。「またダメだった。21曲連続不採用だよ」

   木枯「こっちも19曲連続不採用。そっちは、所帯もちだもんな。お金どうするの?」

   裕一「また契約金いっぱい残ってるから」

   木枯「は? あの契約金、印税の前払いだぞ。自分の金じゃない。借金みたななもんだ。売れなきゃ、全額返還請求されるぞ。家族養えなくなるぞ」

   裕一「えっ、借金?」

音楽学校に通い始めた音に「プリンス」と呼ばれる男が近づいてきた

tv_20200507155131.jpg

   春になり、妻の音(二階堂ふみ)も音楽学校がスタートした。夢に向かってはりきって出席した入学式で、音は同じ1年に夏目千鶴子(小南満佑子)を見かけた。夏目は最年少で帝国コンクールの金賞に選ばれた実力の持ち主だった

   入学式様子を裕一に話すが、裕一は契約金のことで頭がいっぱいで上の空だ。「裕一さん、なんかあったの。ちゃんと話てよ」

   裕一「契約金なんだけど、実はあれ借金と同じなんだ」。音はおどろいて契約書を確認する。「前払金って、確かに書いてあるけど、お金を返すっていうのはどこにも書いとらんよ。お金返す約束なんてしとらんってことよ。大丈夫」

   音の言葉で裕一は元気を取り戻した。

   音がオペラ実習の授業を受けていると、教室の後方から上級生で学校でプリンス(山崎育三郎)と呼ばれている男が声をかけてきた。彼は自分が特別授業をすると言って、歌の相手に夏目千鶴子を指名した。千鶴子の歌唱力や表現力に、圧倒された生徒たちは、学校の創立記念公演の「椿姫」の主役はこの2人だろうと噂した。

(NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中