2020年 11月 25日 (水)

全国に広がる自粛解除の動き 専門家は「秋冬にはもっと大きな流行がくるかもしれない」と心配するが...

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   全国各地で新型コロナウイルス感染防止の休業要請に解除の動きが出始めた。青森、岩手、宮城、香川など8県では解除か解除予定、栃木、群馬、新潟、静岡、鹿児島など21県が一部解除で、要請自体を出していないのが2県、要請を継続するのは東京や北海道、沖縄など16都道府県とみられる。

   司会の羽鳥慎一「店舗の営業再開では新たな試みも出ています」

   コナミスポーツジムは、解除の11県にある店でマスクをつけるよう呼びかけ、プールは使用禁止にして再開する。長野県の映画館は、座席数を20%に減らし、間隔を2席分あける。仙台市のカラオケ店は、1部屋に原則客1人とし、使った部屋は30分間換気するという。

スポーツジム、カラオケ、映画館...が再開

tv_20200511111632.jpg

   白鴎大学の岡田晴恵教授は、プール禁止は妥当としながら、休業要請解除自体を「これで本当にいいのだろうか。秋冬にはもっと大きな流行がくるかもしれない」と疑問を呈した。政府は専門家会議の意見を聞いて14日にも解除の基準を示すとしている。

   石原良純(タレント)「福岡県などは確かに感染者が減っているが、東京は本当に乗り切ったのか」

   山口真由(ニューヨーク州弁護士)「席の間隔をあけるとかは新しい生活様式だが、長期的にこれをやれば物価を押し上げる懸念があります」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「トンネルから出るといっても、1本目にすぎない。2本目、3本目が秋までの間にもくるかもしれない。政策の選択肢が(休業の)ロックダウン1つだけでいいのだろうか」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中