2020年 9月 28日 (月)

ソロキャンパーのヒロシからキャンプの極意を教わった大野智。師匠も驚くほどの野生人ぶりを発揮、来年、無人島生活に入るか?

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   「嵐にしやがれ」(2020年5月16日夜9時~・日本テレビ系) 「ヒロシとサトシのソロキャンプ」コーナーを放送。ピン芸人のヒロシは、YouTubeでキャンプ動画を公開したところ、大人気に。カリスマソロキャンパーとしてもてはやされ、そのあがりでキャンプ用の山まで購入した時の人だ。今年末で芸能界引退が決まっている嵐リーダー大野智にソロキャンプの極意を伝授する。

   初対面の2人が集ったのは、ビルの屋上。時節柄、遠出もできず、画面の端と端に位置しながらの指導だ。ヒロシはキャンプ初体験の大野に、「今日ずっぽり(ソロキャンプの魅力に)ハメる自信があります」と言い切った。というのも、大人数のキャンプと違い、ソロキャンプはリュック一つの身軽さで、いつでもどこでも行ける。誰にも気兼ねせず、嫌になれば即帰れて、キャンプの醍醐味を独り占めできる利点があると熱っぽく語る。

   まずヒロシが練習を重ねてやっとできた火おこしを、大野が挑戦する。ところが生来の器用さで、軽々とやってのけてしまう。あまりの手際の良さにヒロシは「火打ち石を初めてやって、キャンプやってなくて、つけた人って俺初めて見た」とびっくり仰天。思わず「俺、向いてるなあ!」と自画自賛する大野。「いやー、楽しいなあ」と笑いが止まらない。一気に「自分で(火を)つけるのは好きだなあ」と魅力に取りつかれてしまう。

ヒロシでも難しい火おこしを大野は軽々とやってのける

   その後湯を沸かして作ったカフェオレに「ああ、うめ~」と心底癒された顔つきに。正月には無人島でソロキャンプするというヒロシが無人島愛を語り始めると大野も同調。「無人島とかいいっすね。無人島でさ、釣り竿だけ持って行こうとか......考えちゃいますよ」と夢を語る。ステーキ作りでは、焼いただけの肉に塩こしょうを振っただけのシンプルさに目を潤ませ、「うめー、びっくりした。生きてるって感じする」と最大級の喜びを表現した。

   スタッフに感想を聞かれた大野、10数年前に船釣りを体験した時「一生飽きない趣味を見っけた」と感じたのと同じくらいの衝撃をソロキャンプに感じたと話す。その言葉に「鳥肌立ってるわ、俺」と喜ぶヒロシ。「ややこしい趣味増えましたね」と茶化すと、大野は「いや、違うんすよ。欲しかったんすよ。そういうのがもう1個」とマジになって否定する。釣りと同じくらいのめりこめる趣味を見つけたようだ。

   大野は「いや、これはもう最終的に無人島行かないと気が済まない」とガチで宣言。無人島でソロキャンプしながら釣り三昧する大野が来年にも誕生しそうだ。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中