2020年 6月 3日 (水)

掃除の達人「どきキャン」佐藤―外出自粛の今こそに家の中ピカピカにしよう

印刷

   水卜麻美キャスターが「外出自粛でお家にいる時間が長いことで、お掃除を頑張っている人は多いと思います」と紹介したのは、お笑いコンビ「どきどきキャンプ」の佐藤満春だ。掃除能力検定士、日本トイレ協会会員の名誉トイレ診断士という掃除の達人だが、「家の中にあるアイテムだけでお掃除してみたいと思います」と、テレワークでお笑いコンビ「パンサー」の尾形貴弘の自宅をピカピカにするという。

   尾形の自宅は、一見、掃除は行き届いているように見えるが、キッチンの蛇口やレバーには白い水垢がこびりついている。この水垢をきれいに落とす身近なアイテムは酢とラップだった。酢と水を1対1で混ぜて水垢に塗り、ラップで包んで5分待つ。ラップを外して丸め、軽くこすると水垢は取れていく。

   続いて、ガスコンロの五徳の油汚れ。五徳を外してビールで濡らしたキッチンペーパーで包んで5分間放置。すると、ビールのアルコールと炭酸が油を分解してくれる。

雨戸の汚れ防止には軍手と柔軟剤

tv_20200521135651.jpg

   網戸の汚れは、排気ガスや飛散した油分が付着したところに、ホコリや花粉が絡みついたもの。これをきれいに落とすには、軍手をぬるま湯で濡らして両手で網戸を挟むようにして拭き、次に軍手に柔軟剤をしみこませ、網戸に塗っていく。柔軟剤の成分がホコリの付着を防止し、網戸を汚れにくくするという。

   司会の加藤浩次「柔軟剤はつけっぱなしでいいんですね」

   近藤春菜キャスター「簡単で持続しできそうな掃除テクですね」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中