2020年 6月 7日 (日)

台湾新幹線建設に携わった商社ウーマン(波留)と現地美青年の恋物語。大宣伝の割に劇伴曲は通俗的でいただけない
<路~台湾エクスプレス 第1回>(NHK総合)

印刷

   NHKと台湾の公共放送・PTSとの共同制作ドラマ。2007年に開通した台湾新幹線の建設に関わった日本の商社ウーマン、多田春香(波留)と台湾の青年、エリック(アーロン)の恋物語でもある。

   大学時代に台湾で親切にしてもらった青年・エリックは現在(1999年)日本の会社で働いている。春香は台湾新幹線建設チームの一員として台湾に赴任するが、結婚を約束した婚約者の池上繁之(大東駿介)には、台湾新幹線が完成するまで結婚式は待ってほしいと言いおいて行った。大学時代から何度も台湾を1人で訪れたが、エリックとは全く会えないままで時は過ぎ、繁之と婚約までした。

   台湾新幹線は日本式にすべての様式が使われると思っていたが、日本でもヨーロッパでもない台湾独自の新幹線を作るといって、上司で技術屋の安西(井浦新)はよく現地のスタッフと衝突する。会社の中での新幹線の進行具合と並行して、エリックと春香の関係も進行するらしい。まだ1回目なのでよくわからない。

   エリックを演じるアーロンは、いかにも人気アイドル出身らしい白皙の美男子である。韓国や中国や台湾のアイドル青年たちは、筆者からすればみんな似たような整形美男(失礼)に見えてしまって興味半減だが、このアーロンは一味違う。ビックリ眼の波留の即物的なルックスに対して、ちょっと陰のある物静かさが魅力で、次回が楽しみ。残念なのは劇伴曲。大宣伝の割に通俗的でいただけない。(放送2020年5月16日21時~)

   (黄蘭)

採点:0.5
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中